豊胸手術という魔法の呪文で豊かな胸に大変身

バスト

胸を豊かにする手術

豊胸手術を受ければ小さな胸を大きくすることができます。一生モノの大きな胸を手に入れたい人は、人工乳腺バッグ挿入法による手術を受けるのが適しています。一方、できるだけ安い費用で手術を受けたいと希望している人には、ヒアルロン酸注入法をおすすめすることができます。

Read More

自信をつける

ヒアルロン酸注入法による豊胸手術の場合は、注射を打つだけで胸を大きくすることができるので、日常生活への支障を心配する必要がありません。手術を受けた直後からいつも通りに動き回ることができる上、手術料金もリーズナブルになっているため、多くの女性が利用しています。

Read More

脂肪を用いる

体に異物を入れたくないという希望を持っている人に支持されているのが、脂肪注入法による豊胸手術です。簡単に言うと、自分の体から吸引した脂肪を注入して胸を大きくする方法ですので、拒否反応が起こってしまう心配が全くありません。

Read More

リスクがない豊胸

病院別と金額の相場が分かる豊胸手術の情報サイトを見れば、本当に満足できるクリニックでバストアップを叶えることができますよ。

豊胸手術の相場

豊胸手術の種類はいくつかありますが、その種類によって料金や持続期間、リスクが大きく異なります。 豊胸手術として手軽で安全性の高い方法のひとつがヒアルロン酸を注射することでバストをアップするものです。相場としては25万から60万前後で、ヒアルロン酸の量や質によって異なります。 自分の脂肪を採取し、不純物を取り除いてからバストに注入する、脂肪注入法も豊胸手術のひとつです。こちらも使用する機器や方法によって70万から150万前後と幅広い料金設定となっています。 シリコンや生理食塩水などでできたバッグを挿入する方法も、使用するバッグの質や手触りなどで料金が変化します。25万から80万円前後の場合が多いようです。他にも料金の変化が大きいため、豊胸手術を受ける際にはインターネットなどでそれぞれのクリニックで出費する費用などを調べることが大切です。

リスクと効果

ヒアルロン酸注射の場合、ヒアルロン酸はもともと体内にある成分であるため、副作用が少ないというところがメリットですが、逆に体内に徐々に吸収されていくため、持続期間が短いというデメリットがあります。ヒアルロン酸の質にもよりますが、1〜2年程度の効果といわれています。 脂肪注入の場合も、ヒアルロン酸よりも早くはないものも、徐々に体内に吸収されることがデメリットです。しかしながら、自分の脂肪を使用するという点で、リスクが低く、脂肪の多いおしりやお腹などから抽出するため、その部分の部分痩せも期待できるところがメリットといえます。 バッグ挿入の場合は、術後に痛みが伴うことがあるというリスクがあります。しかしながら、1回の豊胸手術で2カップ以上大きくすることが可能な方法で、痩せている人にも可能な手術です。 料金や効果に加えて、希望通りのバストになれるかどうか、信頼できる施術場所かどうかを合わせて、選択することがおすすめです。