豊胸手術という魔法の呪文で豊かな胸に大変身

バスト

脂肪を用いる

脂肪注入法について

いくら胸を大きくするためとはいえ、体の中に異物を入れる手術は受けたくないと考える人が少なくありません。現在の豊胸手術で使用されているプロテーゼバッグは、昔とは比べ物にならないほど高品質になっています。ですから、万が一体内で破損するようなことがあったとしても、体に悪影響が出てしまう心配はほとんどありません。ただし、体がプロテーゼバッグを異物と認識しますので、皮膜拘縮が発生してしまう可能性があります。また、アレルギーリスクがほとんどないとはいえ、ヒアルロン酸注入法の豊胸手術で使用されるヒアルロン酸も異物であることに違いはありません。体内に異物を入れたくないという希望を持っている人から高い支持を得ているのは、自分の体から取った脂肪を注入する豊胸手術です。脂肪注入法による豊胸手術の場合は、拒否反応が起こってしまう心配が全くありません。また、とても自然な手触りと見た目に仕上がるため、高い人気を集めています。

脂肪注入法の料金について

脂肪注入法による豊胸手術の料金は、人工乳腺バッグ挿入法やヒアルロン酸注入法よりも高額になっています。なぜ値段が高くなってしまっているのかというと、脂肪を胸に注入する手術を行う前提として、脂肪吸引手術も行う必要があるためです。簡単に言うと、2つの手術を行う必要があるため、高額の費用がかかってしまいます。ついつい安い料金の手術を選びがちになりますが、多少値段が高くても、脂肪の定着率をよくする工夫がなされている手術を受けるようにした方がリスクも少ないのです。